2018年 8月 20日 (月)

コメンテーター人気投票 ネット民の「好き」「嫌い」...ダブル1位はあの人だった

印刷

   時に専門家として鋭く、時に視聴者の怒りを代弁し、時にトンチンカンに――ワイドショーをはじめとする報道・情報系番組の華といえるのが、彼ら「コメンテーター」である。

   ジャーナリストや作家から、タレント・ミュージシャンまで、個性豊かな面々の中で、ネット民の「好感度」、あるいは「嫌われ度」が高いのは、いったい誰なのだろうか。

  • 好きなコメンテーター投票結果。いずれも敬称略
    好きなコメンテーター投票結果。いずれも敬称略
  • 「嫌いな」上位勢は「好きな」とも多くが共通
    「嫌いな」上位勢は「好きな」とも多くが共通

青木理&石原良純の「モーニングショー」組がワンツー

   J-CASTニュースでは、全国放送の主要番組にレギュラー出演中の人物から、約70人を候補者としてセレクト、サイト上でアンケートを行った(総投票数:「好き」4650票、「嫌い」4124票)。

   「好きなコメンテーター」で堂々の1位を獲得したのは、ジャーナリストの青木理氏(51)だ。共同通信記者を経てフリーとなり、ノンフィクション作家として活躍する傍ら、「モーニングショー」(テレビ朝日系)でレギュラーコメンテーターを務めている。権力に「モノ申す」ことも多い硬派ぶりが、ネット読者からも好印象を集めたか。

   2位は同じく「モーニングショー」レギュラーながら、対照的に軟派代表のタレント・石原良純氏(56)だ。愛嬌あるキャラクターながら、番組では時に他のコメンテーターとも丁々発止、また「元都知事の息子」として、都政がらみのニュースでは代えがたい「人材」である。

   3位は「ミヤネ屋」(日本テレビ系)などでコメンテーターを務め、最近では司会者としての活躍も目立つ俳優・梅沢富美男氏(67)。4位には「ビビット」(TBS系)などのお笑い芸人のカンニング竹山氏(47)。ともにタレント枠だが、視聴者に代わって、世の中に怒る姿が人気に。

   5位には「ひるおび!」(TBS系)に出演中のタレント・伊藤聡子氏(50)。続いて6位に入った玉川徹氏(55)は「モーニングショー」のレギュラーだ。現役テレビ局員ながら、並み居る大物を押しのけてのランクインとなった。

   以下、7位に歌手のデーモン閣下(10万55)、8位にテレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏(年齢非公表)、9位が作家・竹田恒泰氏(42)、10位が作家・岩井志麻子氏(53)という結果となった。

「嫌い」上位の意外な?顔ぶれ

   一方、「嫌い」投票の1位はなんと、「好き」1位の青木理氏だ。「モノ申す」姿勢は、やはり賛否両論を呼ぶということだろうか。

   2位は「ひるおび!」などに出演中、作家の室井佑月氏(48)。時に議論の流れをぶった切り、素朴な疑問をぶつけるトリックスター的な役割だが、その芸風が「苦手」な人も多い?

   3位は「ゴゴスマ」(TBS系)の学者・金慶珠氏(51)、4位は「好き」でも上位だった梅沢富美男氏、5位には「ビビット」などのテリー伊藤氏(68)が入る。

   以下、6位の玉川徹氏、7位の石原良純氏と、「好き」でも上位だった面子が続き、8位に「グッディ!」などの田崎史郎氏(67)、9位に「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)などの大谷昭宏氏(72)とベテランジャーナリスト勢が。10位は元プロ野球選手・長島一茂氏(52)だった。

   「好き」「嫌い」ベスト10のうち、4人が重なることからも、どうしても存在感が強い人物ほど、「好感度」「嫌われ度」ともに強くなってしまいがちなのがわかる。そういった意味では、「嫌い」上位も、いわばコメンテーターとしては勲章といえるかもしれない。

   そんな中で、「好き」4位ながら、「嫌い」19位と、ネット読者からの高い好感度がうかがえたのがカンニング竹山氏だ。単なる「キレ芸」だけではなく、バランス感覚のあるコメントは、SNSなどで読者の共感を集めることも少なくない。今回の投票結果にも、こうした側面が影響したと見られる。

   アンケートはJ-CASTニュースのサイト上で、2018年2月13日~5月29日にかけ、投票作成サービス「トイダス」を用いて行った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中