2018年 9月 24日 (月)

長崎・熊本の潜伏キリシタン遺産が世界遺産に

印刷

   バーレーンで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は日本時間の2018年6月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を登録することに決定した。日本では22件目の世界遺産。

   「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、日本最古の教会「大浦天主堂」や「島原の乱」の舞台となった原城跡など、長崎と熊本にある12の資産から構成されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中