2019年 12月 16日 (月)

「必ずあなたを助けます」 真備町へ向かった名古屋市消防局がツイート

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   西日本豪雨で特に大きな被害を受けた岡山県倉敷市の真備町に、各地から救助部隊が駆け付けている。

   その一翼を担う名古屋市消防局はツイッターで、「必ずあなたを助けます」と、助けを待つ住民に力強くメッセージを送った。

  • 名古屋市消防局(@nagoyashobo)ツイッターより
    名古屋市消防局(@nagoyashobo)ツイッターより
  • レッドサラマンダーも出動している(名古屋市消防局(@nagoyashobo)ツイッターより)
    レッドサラマンダーも出動している(名古屋市消防局(@nagoyashobo)ツイッターより)

多くの住民が取り残される中...

   真備町では2018年7月7日未明、近くを流れる高梁川水系の小田川で、堤防が決壊した。これにより大量の水が住宅街に流れ込み、多くの住民が自宅などに取り残される事態に。現地からの映像を見る限り、該当地域では住宅の多くで、1階部分が水没していることが見て取れる。さらに2階まで水に浸かった建物も少なくない。

   ツイッターでは未明から、「救助」のハッシュタグを付けた「SOS」の書き込みが相次いでいる。その中でも最も目立つのが真備町からの声だ。検索にヒットするものだけでも、数十件の助けを求める声が確認できる。

   こうした中、各地の消防当局が、現地へと駆けつけている。7日15時過ぎからは、奈良県からの消防ヘリが、屋根の上などに取り残された住民たちを救助する様子が、NHKでも中継された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中