2018年 11月 17日 (土)

トランプ訪英ねらってグリーンデイ「アメリカン・イディオット」を1位に?

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   トランプ米大統領が2018年7月12日(現地時間)からイギリスを訪れる。

   これに合わせてイギリスでは、過去の差別的発言からトランプ大統領への様々な抗議活動を行われているが、米パンクバンド「グリーンデイ」の楽曲「アメリカン・イディオット」を全英チャート1位にするという一風変わった抗議活動もそのひとつだ。

  • 呼びかけを行っているツイッターアカウント
    呼びかけを行っているツイッターアカウント

マイク・ダーントも言及

   この抗議活動を呼び掛けているのは「トランプが訪問してきたときにアメリカン・イディオットを全英1位に(American Idiot For UK No.1 When Trump Visits)」というツイッターアカウントだ。

   訪英に合わせているので、活動を始めたばかりなのかと思いきや、トランプ大統領が就任した直後の2017年1月28日には活動が始まっていた。

   「アメリカン・イディオット」は04年9月に発売されたシングル。曲名と同じタイトルのアルバムは米英でチャート1位を獲得する大ヒットとなった。当時ブッシュ政権下だったアメリカをこき下ろした歌詞になっており、反戦の色も強い。

   しばらく活動は陽を見なかったが、18年4月に入ると一変する。「ハフィントンポスト」のイギリス版や米ロックバンド「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」がツイッターで取り上げたことで徐々に活動の知名度が高まっていった。

   更に4月28日には当のグリーンデイのメンバーであるベーシストのマイク・ダーントさんがツイッターで「これやろう!(Let's do this!)」と反応した。

   現在のチャート位置はどのあたりなのだろうか。

   イギリスのオフィシャル・チャート・カンパニーによる全英シングルチャートの最新のランキングでは18位を記録している。また、大手ECサイト「Amazon」のイギリス版では、デジタルミュージックの曲ランキングで既に1位を獲得している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中