2018年 10月 16日 (火)

「山根会長のおかげで勝てた」と称賛... 告発者が明かす「鳥肌が立つ」異常さ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   助成金不正流用など12の疑惑で告発状が提出された日本ボクシング連盟(以下、連盟)をめぐり、山根明・連盟会長の強権的な影響力が次々と浮き彫りになっている。

   アマチュアボクシング大会の選手宣誓では、必ず「山根会長のおかげで(勝てた)」との文言が入れられていたという。告発状の「告発人」である「日本ボクシングを再興する会」代表で、新潟県ボクシング連盟理事長の鶴木良夫氏は、「鳥肌が立つ」と不快感を隠さなかった。

  • 日本ボクシング連盟についての告発状。日本ボクシングを再興する会から、JOCやスポーツ庁など複数機関に提出された
    日本ボクシング連盟についての告発状。日本ボクシングを再興する会から、JOCやスポーツ庁など複数機関に提出された

「優勝者インタビューで嫌というくらい言う」

   岐阜市で2018年8月1日に全国高校総体が始まったアマチュアボクシング。2日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、連盟関係者の証言として、選手宣誓の枕詞には必ず「山根会長のおかげで」という言葉があったと紹介した。「連盟」へのお礼でもいけない。山根会長個人に向けなければ、「俺はいろいろしてやったのに感謝がなかった」と不満を示すという。

   スタジオでは苦笑しながら「本当なのか?」という声が漏れたが、ゲスト出演した鶴木氏は「全日本(選手権)とかも確認してみてください。100%本当です」と断言。さらに、

「もっとすごいのは、優勝者インタビューで嫌というくらい言うんですよ。『山根会長のおかげで優勝できました。ありがとうございました』と。ザワつきますね。鳥肌が立つ」

と強く不快感を示した。

   言わざるを得ない雰囲気なのかと問われると、鶴木氏は「(連盟側から)監督に命じていると思う。すると(選手は)監督に言われますからね、これを言えよと」と見解を述べていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中