2018年 12月 12日 (水)

DAIGOの「M:I」吹き替えに賛否 「棒読みで台無し」「(前より)うまくなってた」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米人気スパイアクション映画シリーズ「ミッション:インポッシブル(M:I)」の最新作が、日本でも公開された。

   吹き替え版の声には、ミュージシャンのDAIGOさんが参加しているのだが、ネット上では、「棒読み」といった批判が出る一方、「(前作より)うまくなってた」と指摘する声も寄せられている。

  • DAIGOさん(写真は2016年4月撮影)
    DAIGOさん(写真は2016年4月撮影)

2008年の吹き替えでは「酷評」

   このシリーズは、主演のトム・クルーズさんがスタントなしで体当たり演技に挑むことで、毎回話題になっている。今回の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」も、ビルからビルへと飛び移る際に足を骨折したほどの入れ込みぶりがテレビで紹介されて、ファンの期待も高まっていた。

   ただ、吹き替え版については、ヘンリー・カヴィルさん演じる米CIAエージェントの声をDAIGOさんが担当することになり、ツイッターなどで懸念の声が公開前から上がっていた。DAIGOさんは、2008年公開の米映画「ウォンテッド」などでの吹き替えで、セリフ読みが演技と合っていないなどとして酷評を受けていたからだ。

   そして、2018年8月3日に今回作が公開されると、ツイッター上などで吹き替えへの不満が相次ぎ、炎上状態になった。

   「DAIGOの棒読みセリフで台無し」「作品は最高なのに興醒めです」「DAIGO DAIGOしすぎて全然役柄合ってない」「作品に没頭出来ない」といった具合だ。

   一方で、以前よりもレベルが上がっているとして、「思ってたより良かった」「うまくなってた」などと評価する向きも多かった。

「最初に聞いて、まさにMI(マジで、いいの?)」

   DAIGOさん自身も、セリフ読みのレベルについては自覚しているようで、東京都内で8月2日に行われた「M:I」公開前イベントで、過去に不評を受けたことを明かしたうえで、「最初に聞いて、まさにMI(マジで、いいの?)でした」と感想を漏らした。そして、「体の大きな役だったので、自分史上最も低い声を出しました」と自らの工夫についても明かしていた。

   DAIGOさんが担当したヘンリー・カヴィルさんの声については、声優の星野貴紀さん(38)が長らく務めてきたが、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」では、出番が回ってこなかった。

   このことについて、星野さんは、配給会社が違っており、厳密には降板ではないとしながらも、「複雑な気持ちはある」「オーディションに負けたようで悔しい」とツイッターで漏らしていた。

   これに対し、ツイッター上では、「プロが宣伝目的の芸能人に仕事を奪われている」「吹き替えに芸能人の起用は駄目だ」「声優にやって欲しい」といった声が出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中