2019年 12月 15日 (日)

体操・宮川紗江のパワハラ告発 仲間から「無言」のエール続々

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   体操・宮川紗江選手(18)が日本協会幹部からのパワーハラスメント被害を訴えていた問題で、体操界からツイッターの「いいね」や「リツイート」を通じたエールが相次いでいる。

   徳洲会体操クラブの齋藤優佑選手(29)は実際に声を上げ、「頑張れ紗江ちゃん。選手はみんな味方だよ」と励ました。

  • 宮川選手のツイッターから(編集部で一部加工)
    宮川選手のツイッターから(編集部で一部加工)

速見コーチを政治的な理由で「排除」された?

   日本体操協会が、指導中の暴力行為を理由に速見佑斗コーチ(34)を無期限の登録抹消処分としたことを受け、宮川選手は2018年8月29日、都内で会見を開いた。

   宮川選手は速見コーチの暴力を認めたものの、今回の処分は「重すぎる」と反発。「(速見コーチと一緒に)東京五輪で金メダルを取る夢は変わっていない」と処分の見直しを求めた。

   その上で、協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫で協会の塚原光男副会長(70)から、パワハラを受けていたと主張。速見コーチの暴力を認めるよう迫られたり、「(協会のプロジェクトに参加しないと)五輪に出られなくなる」と脅されたりしたという。

   今回の処分は、

「過去の暴力を理由に速見コーチを排除し、朝日生命に入れるのが目的」

と、塚原本部長が監督を兼務する、朝日生命への移籍を促す狙いがあったと推測している。

   協会側も同日に会見を開き、山本宜史専務理事は、「被害者本人が我慢できたとしても決して許されることではない」として、処分の正当性を主張。塚原夫婦のパワハラ発言については「私は全然認識はありませんし、それに対しコメントは差し控える」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中