2019年 10月 16日 (水)

北海道の自治体「デマ情報に注意」 地震うけ猛威振るう「偽情報」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   北海道で発生した最大震度6強の地震を受け、断水などをめぐるデマ情報がツイッター上で拡散しており、一部自治体が注意喚起に追われている。

   札幌市をめぐっては、「市内全域で断水する」というデマ情報が急速に拡散。市水道局は公式サイトで「SNS等で水道に関する誤った情報が拡散されております」と注意を促している。

  • 札幌市の水道めぐりSNS上で「デマ」が…
    札幌市の水道めぐりSNS上で「デマ」が…

「水道に関する誤った情報が」

   北海道で2018年9月6日3時8分ごろに発生した地震を受け、ツイッター上では6日朝、「札幌市内全域で4時間後くらいから断水するらしい」「6時間後くらいに札幌全域で断水するらしい」などと、市内全域で断水する予定だとのツイートが続々と寄せられ、拡散されていた。

   だが札幌市水道局は、公式サイトの「断水・濁水情報」で

「SNS等で水道に関する誤った情報が拡散されておりますが、以下の情報が正しい情報ですので、ご注意ください」

と注意を促した。9時50分時点に判明している分で、市内の厚別区と清田区の一部地域で、配水管の漏水事故などによる断水が発生しているほか、停電で市内各所の一部マンションが断水している、と説明。要するに、市内全域で断水するとの情報はデマだった。

   札幌市をめぐっては、市広報部の公式ツイッターも9時22分、「市役所・区役所・消防署等では、給水、ガソリンの給油、携帯電話等の充電サービスは行っておりません。SNS等で流れている情報は事実ではないものも含まれておりますので、ご注意願います」と注意喚起した。その後、

「携帯電話等の充電サービスにつきまして、市役所本庁舎1階では実施(17時まで予定)しております。お詫びして訂正いたします」

と投稿したが、12時すぎに「市役所での携帯電話等充電サービスについて、現在お待ちいただいている方をもって、終了とさせていただきました」と報告した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中