2021年 9月 22日 (水)

「ぎぼむす」VS安室引退特番 「ぎぼむす」勝利に終わった順当なワケ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「ぎぼむす」最終回と「安室引退特番」。放送前から視聴者の関心が高く、しかも放送時間が重複するため、その対決について注目が集まっていた両番組。

   結果は、「ぎぼむす」の視聴率19.2%に対し、安室さんの引退特番が15.0%(各メディア報道)。4%差で「ぎぼむす」勝利となったが、その理由は、順当なものだった。

  • 綾瀬はるかさん(2015年撮影)
    綾瀬はるかさん(2015年撮影)
  • 綾瀬はるかさん(2015年撮影)

「ぎぼむす」には感動、安室特番には感謝の言葉があふれる

   「ぎぼむす」こと「義母と娘のブルース」(TBS系)は、桜沢鈴さんの同名の4コママンガが原作。キャリアウーマンの主人公・亜希子(綾瀬はるかさん)が、8歳の娘・みゆき(上白石萌歌さん)を持つ男性と再婚し、継母として子育てに奮闘する10年間を描いた作品。

   2018年9月19日の最終回では、亜希子がコンサルティング会社への引き抜き話を持ち掛けられる中、みゆきが大学を受験するシーンをメインに放送した。

   終盤では、みゆきが合格した大学に進学するか否かで揺れる様子を描きつつ、作中の10年間を振り返って家族愛を再確認するシーンが感動を呼んだ。

   視聴者からは「こんな風に全力で娘を愛せるのが、清々しい」「これまでの子育てを振り返るのはずるい」「涙腺が崩壊した」などの声がネット上にあふれた。

   歌手の安室奈美恵さん(40)の引退特番「これで見納め! 安室奈美恵引退スペシャル!~最後の1年と最後の1日に独占密着~」(日本テレビ系)はドキュメンタリー。

   デビュー当初の所属ユニット「スーパーモンキーズ」の頃から、その当時のテレビ番組の映像を随所に挟んで特集。これに加えて、昨年9月の引退表明後から密着したスタッフに対して話す本人の姿を随所に挿入するなど、「安室の世界」を濃厚に映し出した。

   ほかにも、2月から行われていたドームツアーの裏側やアルバム「Finally」のレコーディング風景、9月15日に行われた引退コンサートの様子を放送。

   視聴者からは、「改めて安室ちゃんに感謝です」「本当に本当にお疲れ様でした」といった感謝の言葉のほか、「事前に引退が発表されていたからこそ、笑顔で安室ちゃんを送り出せた」など、惜別の声が殺到した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中