2018年 11月 18日 (日)

大沼保昭・東大名誉教授、死去 市民運動にも取り組む

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2018年10月16日、国際法学者で東京大学名誉教授の大沼保昭(おおぬま・やすあき)さんが、腎盂(じんう)がんのため東京都内の病院で死去した。72歳。各メディアが報じた。

   大沼みずほ参院議員の実父。山形市生まれ。国際法の教鞭をとりながら、日本の戦争責任などを研究し、市民運動にも取り組んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中