2019年 5月 22日 (水)

大沼保昭・東大名誉教授、死去 市民運動にも取り組む

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2018年10月16日、国際法学者で東京大学名誉教授の大沼保昭(おおぬま・やすあき)さんが、腎盂(じんう)がんのため東京都内の病院で死去した。72歳。各メディアが報じた。

   大沼みずほ参院議員の実父。山形市生まれ。国際法の教鞭をとりながら、日本の戦争責任などを研究し、市民運動にも取り組んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中