2019年 11月 16日 (土)

貴ノ岩の家族、なぜ「強烈なバッシング」? モンゴルにおける「横綱」の存在感

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「神」に等しい存在

   記者がスポーツ紙で大相撲を担当していた1997年の冬、モンゴル人のノルディックスキーの選手が来日した。

   日本で頼る人物がいなかったこの選手は、成田空港に立ち降りるとすぐさまタクシー乗り場へ向かった。行き先は旭鷲山のいる大島部屋だった。

   モンゴルと日本の紙幣価値の違いを知らなかったのか、この選手の所持金はわずか数千円だった。成田から墨田区の大島部屋まで2万円を超えるタクシー代を持ち合わせていなかった。

   まったく面識がなく、見ず知らずの同胞を旭鷲山は快く出迎え、タクシー代を支払うと、この選手に新しいスキー板をプレゼントした。このエピソードはモンゴルでも大きく報じられたという。

   その旭鷲山さえも届かなかったのが横綱である。大相撲ファンに限らず、モンゴル人にとって横綱はもはや「神」に等しい存在である。日本ではヒールだった元横綱朝青龍も、モンゴルでは絶大なる人気を誇り、国会議員となり、モンゴル有数の実業家としても知られる。

   このような背景から、平幕力士が横綱を相手取って訴訟を起こすこと自体、事実関係はどうあれ非難されるべきことなのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中