2019年 12月 12日 (木)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
ユダヤ教徒襲撃でも消えないこの国の価値観

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「どうしてユダヤ人は嫌われるのだろうか。ミツヨ、答えを知っているか。僕にはわからないんだ」

   正統派ユダヤ教徒の友人ベン(60代)が、自宅のリビングルームで唐突に私に聞いた。2018年8月末のことだった。彼の父親は第2次世界大戦中、ポーランドからリトアニアのカウナスに逃れてきた難民のひとりだった。

  • ユダヤ教徒襲撃の犠牲者や負傷者のための寄付を呼びかけるイスラム教徒たちのウェブサイト
    ユダヤ教徒襲撃の犠牲者や負傷者のための寄付を呼びかけるイスラム教徒たちのウェブサイト

「ユダヤ人はすべて死ななければならない」

   当時、在カウナスの日本領事館には杉原千畝(ちうね)が赴任していた。「行先国の入国許可手続きを完了し、十分な旅費と滞在費を持つ者だけにビザを発給せよ」という外務省の命に背き、条件を満たしていない者にもビザを発給。多くの難民の命を救った。

   神学生だったベンの父親も、学友とともに杉原ビザで欧州を脱出し、シベリアを横断。日本、上海を経由し、やがて渡米した。 ベンの父親は、家族を皆、ナチス・ドイツ軍に虐殺された。ベンは父親の渡米後に、米国で生まれた。

   ベンの問いかけからちょうど2か月後に、事件は起きた。

   2018年10月27日、ペンシルベニア州ピッツバーグのユダヤ教礼拝所(シナゴーグ=synagogue)に、自動小銃と3丁の拳銃を持った白人の男が侵入。安息日の儀式が行われる最中、「ユダヤ人はすべて死ななければならない」などと叫んで銃を乱射し、11人が死亡、6人が負傷した(7人との情報もある)。

   殺人などの容疑で逮捕された同市に住むロバート・バウアーズ容疑者(46)は、Gabというソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で、反ユダヤ的な発言を繰り返していたという。

   銃撃の直前には、ユダヤ系難民支援団体を名指しし、「『HIAS(Hebrew Immigrant Aid Society=ヘブライ移民支援協会)』は我々の仲間を殺す侵略者(移民難民)を米国に連れてきたがる。仲間が虐殺されるのを傍観できない。攻撃に入る」と事件を示唆する書き込みをしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中