2019年 11月 14日 (木)

「セクハラおっさんを守るポスター」と批判続々 それでも内閣府が撤回しないわけは?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   内閣府が公開したセクハラ防止ポスターについて、ツイッター上などで疑問や批判が相次いでいる。

   こんな発言がセクハラ?と言っているように、逆に受け止められかねない内容のためだが、ポスターを擁護する声も出ていて論議になっている。

  • 論議を呼んだ内閣府のポスター
    論議を呼んだ内閣府のポスター

「これもセクハラ?」の言葉が「『許してくれよ』に見える」

「今日の服かわいいね。俺、好みだな」
「痩せてきれいになったんじゃない?」

   こうした男性の発言について、女性からは、「関係ないでしょ!」「そういうとこだけ見てるんですね...」といった反発が出る。

   これに対し、男性に扮した俳優の東幹久さん(49)が戸惑った表情を示す。

「これもセクハラ?」

   東さんの顔とこの発言は、ポスターの中心で大きく強調されている。

   これだけでは、発言のニュアンスがよく分からない。知らなかったと焦っている、セクハラかと疑問に思っている、のどっちにも取れるからだ。

   そして、ポスターの下の方を見ると、やっとニュアンスがはっきりする。

「セクハラを決めるのは、あなたではない!」
「相手や周囲に配慮した言動を!」

   東さんがその通りだといった様子で人差し指を上げている。つまり、知らなかったと焦っていては遅いということを意味していたわけだ。

   このポスターは「女性に対する暴力をなくす運動」の一環として、内閣府が作成したものだ。報道によれば、約2万7000枚が印刷され、自治体や交通機関などに配布された。ところが、内閣府が2018年11月12日に公式ツイッター上で、「ぜひご覧ください」としてこのポスターを投稿すると、一見だけではむしろ逆の意味に受け取れてしまうといった不満も相次いだ。

   「このくらい許してくれよダメなのかと言ってるようにしか見えない」「女性はクレーマーだから気をつけろみたいな非難の感情を感じます」「女性じゃなくてセクハラおっさんを守るポスターになってますよ~」といったものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中