2019年 1月 17日 (木)

「まるのこれ」「広島でずっと」 もみじ銀行、広告に隠れた熱い「丸残留」メッセージ

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!
「まる まる 広島でずっと」「まるのこれ」―――。

   広島県を拠点とするもみじ銀行のマイカーローンの広告が、 国内FA権を行使している広島東洋カープ・丸佳浩外野手(29)に対してのメッセージを含んでいるとしてネット上で話題を呼んでいる。

  • 丸佳浩外野手をテレビCMなどで起用しているもみじ銀行(画像は公式サイトより)
    丸佳浩外野手をテレビCMなどで起用しているもみじ銀行(画像は公式サイトより)

「れ、こ、の、る、ま」を反対から読むと...

   丸外野手は2018年11月7日に、今季取得した国内FA権を行使することを表明し、現在残留を選択肢に入れつつも他球団との交渉を行っている最中だ。

   今後の展開に注目が集まる中、丸外野手をイメージキャラクターとして起用しているもみじ銀行が、残留の希望を込めたメッセージとも取れる広告を地元紙・中国新聞に掲載したのだ。

   24日付の朝刊に掲載されたとされるこの広告は、マイカーローンについてのもので、「まるっとサポート! まるごとおまかせ! 広島でずっと快適カーライフを!!」という文章が並んでいる。パッと見は快適なカーライフについての宣伝なのだが、よく見ると「まる、まる、広島でずっと」という文字だけ太字になっており、そこだけを抜粋すると、広島にずっといてほしいという丸外野手に対してのメッセージともとれる。

   さらに同広告では、丸外野手がおもちゃのような車にまたがった写真も掲載されており、その側には「走れ この くるま!」との文章が添えられている。ただこちらもよく見ると、「れ、こ、の、る、ま」の文字の上だけに丸印が付けられており、そこだけ強調されているのが分かる。そのまま読むだけでは意味が分からないが、反対から読むと「まるのこれ」と読むことが可能だ。

「思いが半端ないわぁ。」

   このもみじ銀行の熱い思いは、すぐさまファンの間で話題を呼び、

「熱烈に広島にいて欲しい事がよく分かる!!!」
「もみじ銀行の広告に、朝からうるっとなった 丸ちゃんに届きます様に。」
「今朝のもみじ銀行の新聞広告。 まる まる 広島でずっと まる のこれ 暗号で残留願ってる。粋だなぁ」
「すごい!すごいよ! もみじ銀行のアナグラム! センスあるし、思いが半端ないわぁ。」

などの感想が多く上がっている。ツイッターで多くつぶやかれた言葉を集計する「Yahoo!リアルタイム検索」では24日午前から「もみじ銀行」が上位に上がり、それだけ注目されていることが伺える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中