2019年 10月 23日 (水)

「呆れる」「名誉と尊厳傷つけられた」 SPA!「ヤレる女子大学生」に学校側は激怒

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   雑誌『週刊SPA!』(扶桑社)が、「性交渉をしやすい」大学を順位づけして批判を集めた問題で、誌面で取り上げられた複数の大学が抗議を検討していることが分かった。

   J-CASTニュースの取材に大学関係者は「名誉と尊厳が傷つけられた」と憤りを隠さない。

  • 『週刊SPA!』18年12月25日号
    『週刊SPA!』18年12月25日号

「女性蔑視につながる内容を掲載された」

   物議を醸しているのは、『週刊SPA!』18年12月25日号での「ヤレる『ギャラ飲み』実況中継」と題した特集だ。

   男性が女性の飲食代を負担し小遣いも渡す「ギャラ飲み」後に、性交渉に発展しやすい大学を「ヤレる女子大学生RANKING」として1~5位まで順位づけしている。

   ランキングにはインターネット上で批判が寄せられ、『週刊SPA!』編集部の担当者は1月7日、取材に「『より親密になれる』『親密になりやすい』と表記すべき点を読者に訴求したいがために扇情的な表現を行ってしまった」などとお詫びした。

   ランキングの対象となった実践女子大学の広報担当者は、

「『男女共同参画』、『ダイバーシティ』が言われる社会において、このような女性蔑視につながる内容を掲載されたことについて呆れるとともに、本学及び本学学生の名誉と尊厳が傷つけられたことは、大変遺憾です」

と取材にコメント。扶桑社に「厳重抗議」すべく検討しているという。

   同じく記事で紹介された大妻女子大学も抗議を検討していると明かしたほか、フェリス女学院大学も「大変遺憾」としたうえで、対応は「現在検討中」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中