2020年 9月 21日 (月)

セクハラ告発で団交中に「契約終了」 パート女性が「雇い止め」訴え、会社側は関連否定

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   ヤマト運輸でパート社員として働いていた女性が、職場でのセクハラを会社側に訴えたのち「雇い止め」にあったと主張している。対して会社側は契約終了との関係を否定、両者の主張は平行線をたどっている状況だ。

   2019年3月、J-CASTニュース編集部は女性、また会社側などにも話を聞いた。

  • J-CASTニュースの取材に訴える女性
    J-CASTニュースの取材に訴える女性
  • 女性に送られた通知(当事者撮影提供)
    女性に送られた通知(当事者撮影提供)
  • J-CASTニュースの取材に訴える女性
  • 女性に送られた通知(当事者撮影提供)

同じ職場の男性から「セクハラ」

   女性が相談した労働組合の首都圏青年ユニオン側によると、女性は2018年7月ごろから仕事を始め、都内の倉庫で仕分け作業をしていた。派遣社員やアルバイトをへて9月ごろパート社員になったとたん、日常的にセクハラを受けることになったという。「一緒にいる時間が長くなってしまって、女性は私だけ」(被害を訴える女性)。パート社員は女性含め3人で、うち2人は女性よりも勤続年数の長い男性。このうちの一人からセクハラを受けるようになった。

   事務所で男性と2人で作業をしていた際、入ってきた別の男性に対し、「(女性と)子ども作っちゃうところだったよ」と発言された。この男性からは「もうすぐ射精しそうだよ。白いのが出る」などと言われることもあったという。女性は「2カ月くらいで早く(パート)社員になっちゃったから、ひがまれていたところもある。いやだったんだと思いますよ」と語る。

   その後、女性はツイッターで首都圏青年ユニオンの存在を知って相談。2019年1月上旬に団体交渉が始まった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中