2019年 5月 20日 (月)

トヨタ販売店が「本屋さん」になった 利用者に好評、自動車販売への相乗効果も

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

自動車、本以外も手がける可能性

   担当者によれば、事業は順調に推移しており、利用者からの反応も上々のようだ。「今まで本を買うために長時間かけて遠くまで行かなければならなかったが、今は気軽に近くで本をみることができてうれしい、というお声を数多くいただいております」

   "本業"である自動車販売への相乗効果もあるといい、「これまで自動車販売店を利用していなかったお客様や購入検討をしている方の来店が、書店を併設していない店舗より多いことや、自動車販売店での点検・整備の待ち時間に書店を利用し、お客様が書店にて書籍などを購入頂いているケースが多いです」(担当者)

   今後の展望については、「地元の方々が不便を感じるようなものがありましたら、今後新しい事業を展開する可能性があります。このような点から、この2本柱に限定されることはなく、地元の皆様のくらしを支えていくという大きな目的を達成すべく、努力していく予定です」とした。

(J-CASTニュース編集部 谷本陵)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中