2019年 11月 22日 (金)

ヤクルトの新星・村上は「松井秀喜に近い」 19歳スラッガー球界の評判

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今最も注目されているスラッガーは、ヤクルト・村上宗隆で間違いないだろう。高卒2年目の今季は49試合出場で打率.236、12本塁打、34打点(5月25日現在)。

   バレンティンや山田哲人ら並みいる強打者を抑えてチームトップの本塁打数を放ち、シーズンに換算すると30本塁打ペースで量産している。

  • 本拠地・神宮を沸かせる大型長距離砲。その完成形は?(イメージ)
    本拠地・神宮を沸かせる大型長距離砲。その完成形は?(イメージ)

西武・辻監督も「生で見たい」

   村上の凄みはシーズン中に課題を克服していることだ。プロ1年目の昨年はプロ初打席初アーチと鮮烈なデビューを飾ったが、6試合で打率.083。弱点は速い球への対応だった。変化球は柔軟に対応できるが、直球に差し込まれることが課題だった。ファームでは直球をスタンドに運んでいたが、1軍の一線級の投手たちの直球は体感速度やキレが違う。

   今年もシーズン当初は直球中心の配球に苦戦していたが、試合に出場し続けることで対応できるようになった。11日の巨人戦(東京ドーム)では左腕・メルセデスの直球を左翼席に運ぶ10号弾。高卒2年目以内で38試合目に10本塁打に到達したのは史上最速記録だった。

   その注目度はセ・リーグにとどまらない。NPBが23日に都内で開催した「マイナビオールスター」の開催要項を発表した席で、全の指揮をとる西武・辻発彦監督が「一番生で見たいのは村上君ですかね。よくニュースなどで目にするけど飛ばす力、ホームランはもちろん、打点もすごい」と名指しで絶賛するほどだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中