2019年 7月 19日 (金)

日本の五輪メダリストを投票で「格付け」 IOC公式企画に「理解に苦しむ」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   国際オリンピック委員会(IOC)の日本語版公式ツイッターが実施している企画が、いわゆる「炎上」状態となっている。

   日本人の五輪メダリストを「格付け」するというもので、「馬鹿らしい」「理解に苦しむ」と批判が止まない。

  • IOC日本語版公式ツイッターより
    IOC日本語版公式ツイッターより
  • 投票を呼びかけるツイート
    投票を呼びかけるツイート

金メダリストを「勝者」と「敗者」に

   IOCは2019年6月5日、ツイッターで「ベストアスリート決定トーナメント 史上最高の日本人金メダリストは?」と題した企画を始めた。

   過去の五輪金メダリストである内村航平さん、北島康介さん、小平奈緒さん、清水宏保さん、高橋尚子さん、羽生結弦さん、船木和喜さん、吉田沙保里さんの8人の中から、勝ち抜き形式で投票による「ベストアスリート」を決める。

   6月19日には、北島さんと船木さん、高橋さんと羽生さんへの投票が行われ、「勝者」と「敗者」が決まった。

   企画に対しては、「仮にも公式アカウントがこんな馬鹿らしい比較をしてしまうのか」「メダリストそれぞれが素晴らしいのに、なぜ優劣をつけような真似をするのか理解に苦しむ」と趣旨に賛同できないとの声が相次いでいる。

   IOCに書面で取材を申し込んだが、期日までに回答はなかった。日本オリンピック委員会、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会にも見解を求めたが、いずれも企画には関与していないとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中