2019年 11月 20日 (水)

三菱航空機「MRJ改名」の計算 新生スペースジェットは、アメリカの空を翔けられるか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   MRJから「スペースジェット」へ名前を改めた、三菱航空機の国産ジェット旅客機。2020年半ばに予定する納入時期を前に、イメージ刷新を図った形だ。

   YS11以来となる国産民間旅客機として2008年に開発を始め、当初は2013年の初号機納入を目指していたが、開発が遅れて延期を5回も繰り返してきた。しかしここにきて、動きが盛んになっている。

  • 改名に当たって発表された「スペースジェット」の画像(プレスリリースより)
    改名に当たって発表された「スペースジェット」の画像(プレスリリースより)

ボンバルディアの「CRJ」買収を交渉中

   三菱重工業は、カナダのボンバルディアが抱える小型ジェット旅客機「CRJ」事業を買収する交渉を進めている。一部の海外メディアの報道を受け、三菱重工業は2019年6月5日、「ボンバルディアと交渉を進めているのは事実だが、現時点で決定した事実はない」とする声明を出した。

   スペースジェット事業が軌道に乗った後に世界中で機体の販売やメンテナンスを担う人材や設備を取り込む狙いがある模様だが、スペースジェットの事業化は難航しており、三菱重工業が交渉を認めた翌日の株価は下落。マーケットも戸惑っていることをうかがわせた。

   世界の小型旅客機のシェアは、ボンバルディアとブラジルのエンブラエルの2社で大勢を占めており、CRJは約1300機が運航されている。三菱重工業が関心を持っているのは、CRJ事業の開発・生産ではなく、販売・メンテナンスの分野とみられる。これまでのCRJの販売を通して世界の航空会社と接点があり、販売後も20~30年にわたって機体のメンテナンスに関わる。航空機事業に欠かせない周辺分野を買収することで、スペースジェットの「離陸」をサポートする狙いがある模様だ。

   ボンバルディアの側にも売却したい事情がある。事業の見直しを進めており、これまでに中型旅客機事業を欧州エアバスに事実上売却し、プロペラ旅客機事業も手放した。CRJ事業を切り離した後は、鉄道事業などに専念する見通しだ。

   一方、最大で447機あったスペースジェットの受注は、開発の遅れもあって407機まで減少した。それでも、これまでに約6000億円を投じた大プロジェクトだけあり、三菱重工業としては後に引けない。

90席級が「M90」、70席級はなぜか「M100」

   その立て直しに向けたもう一つの動きが、米国市場向けに小型化した新型機を投入する計画だ。現在開発しているのは90席級で、新型機は70席級だ。90席級は全日本空輸(ANA)を最初の納入先として受注しており、日本仕様で開発を進めてきた。しかし、小型ジェット旅客機の最大の市場である米国では、国内規定の関係で70席級が主流になっている。三菱重工業は規定が緩和されると見込んで90席級の開発を進めていたが緩和は実現しておらず、90席級では米国での販売先が限定されてしまう。

   「スペースジェット」への改称も、そうした流れの中にある。これからは90席級を「スペースジェットM90」、70席級を「スペースジェットM100」と呼ぶという。70席級が「M70」ではない理由を三菱側は明らかにしていないが、この二枚看板で世界の航空会社に対して「乗客の満足度を高めるとともに著しく収益の向上を実現できる」(三菱航空機の水谷久和社長)としてセールスをかけていく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中