2019年 7月 21日 (日)

問題児ネリ、止まらぬビッグマウスとWBCの「お膳立て」 井上尚弥に「自信満々」の宣戦布告

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

「人々はオレとナオヤ・イノウエの試合を求めている...」

   復帰4戦目してマニー・パッキャオ(40)=フィリピン=の前座を務めるチャンスをつかみ、パヤノ戦は米放送局「FOXスポーツ」のペイ・パー・ビュー(PPV)で全米生中継が予定されている。ビッグチャンスとなるパヤノ戦では、厳格な薬物検査を実施することで知られるボランティア・アンチ・ドーピング協会(VADA)による薬物検査が行われないという不可解なものとなるが、全米に名を売る絶好の機会であることには間違いない。

   これまで自信過剰気味な強気発言を繰り返してきたネリは、タイトル戦が近付いている高揚感からか、そのビッグマウスは以前にも増して加速するばかり。パヤノ戦を前にして「人々はオレとナオヤ・イノウエの試合を求めている。みな、オレが最強だということを知っている」と豪語。まるでネリを中心にバンタム級が回っているかのような「勘違い」発言をし、井上との対戦に自信を見せた。

   20日のパヤオ戦を落とせばすべてが水の泡に消える。日本のボクシングファンは「問題児」ネリに対して嫌悪感を露わにし、パヤノに肩入れするものが多くみられる。元スーパー王者を倒して、その先に進むことは出来るのか。ネリVSパヤノ戦に注目が集まる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中