2019年 11月 18日 (月)

元競泳五輪代表の伊藤華英さん、ラグビーにハマったきっかけは「ケガの功名」だった

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「自分らしくいたい」...結婚後も変わらないスポーツ愛

   結婚を発表した伊藤さんは一部メディアに、

「『結婚する人はビビッと感じるよ』とか、『出会った瞬間にこの人だってわかるよ』とか、よく聞いてはいました。でも自分にそんなことが起こるのか、あまり信じられませんでした」

   しかしながら、ずっと決めていたのが「自分らしく、ありのままでいられる人と出会ったら結婚したい」ということだった。夫もスポーツ関係の仕事をしており、経営などの専門知識も豊富で、頼りになる存在だそうだ。

   伊藤さんは、

「ミセスになりましたけど、夫婦ともども頑張って参ります!」

   ラグビーW杯、東京オリンピック・パラリンピックへ向け、二人三脚で頑張っていく決意を表明した。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中