2019年 10月 18日 (金)

「次期衆院選で政権交代」 立憲民主が党大会、統一会派で「安倍一強に挑む」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   立憲民主党は2019年9月30日に国会内で開いた党大会で、「全ての取り組みを政権交代のための準備につなげる」とする活動方針案を承認した。立憲、国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」(社保)は9月19日、10月に召集される予定の臨時国会前に統一会派を結成することで合意している。

   枝野幸男代表は、会派の規模の大きさを強調した上で、「この大きな構えで一体となって、国会内の安倍一強に挑む」などと述べた。

  • 統一会派で政権交代は近づくか(左から社保・野田佳彦代表、国民・玉木雄一郎代表、枝野氏、社民・又市征治党首)
    統一会派で政権交代は近づくか(左から社保・野田佳彦代表、国民・玉木雄一郎代表、枝野氏、社民・又市征治党首)

基本方針には「政権構想の検討に関する代表直属チームの設置」

   枝野氏はあいさつの中で、

「まっとうな政治によってまっとうな社会を取り戻すという、もうひとつの選択肢を高く掲げ、次の総選挙での政権交代を実現すべく、全ての活動を進めてまいりたい」

などとして、次期衆院選での政権交代を目指すことを強調した。今回承認された活動方針に4つある基本方針のうちのひとつが「政権構想の検討に関する代表直属チームの設置」。その具体的内容として

「次の衆院総選挙を見据え、政権構想の本格的な準備を、急ぎスタートさせる。そのため、代表自身がイニシアチブをとった直属チームを設置し、過去の政権運営の反省を含めた様々な問題を整理することから、周到かつ慎重に準備を進め、文字通り政権の『構想』を進めていく」

とうたった。

会派結成は「安倍政権による無法な国会運営を食い止めるため」

   臨時国会前に発足する会派名は衆院が「立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム」、参院は「立憲・国民・新緑風会・社民」。参院会派には社民党も参加し、全員が合流すれば、衆117人、参院61人の規模になる。枝野氏はその意義について

「この大きな構えで一体となって、国会内の安倍一強に挑むことになる。この衆院最大野党会派の規模は、2009年非自民政権発足直前の最大野党、民主党会派の数を上回り、第2次安倍政権発足直前の最大野党、自由民主党会派の規模に匹敵する。この共同会派を呼びかけたのはもちろん、安倍政権による無法な国会運営を食い止めるためだ。その気持ちは、党は違っても、会派に参加していただくひとりひとりが、共有していることと確信している」

などと話した。

   18年の党大会は「立憲フェス」と銘打って、枝野幸男代表らのトークイベントやお笑いライブなどを盛り込み、「パートナーズ」と呼ばれる支持者も参加できる形式だったが、19年は党大会のみを開催。参院選が終わったばかりだというのが理由で、政治状況を踏まえてフェスの開催も検討する。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中