2019年 12月 14日 (土)

チュート徳井は、NHK受信料を「支払っています」 吉本興業が取材に答える

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京国税局に1億円以上の申告漏れなどを指摘されたお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さん(44)をめぐり、「NHK受信料は支払っていたのだろうか」という疑問がインターネット上で浮上した。

   徳井さん自身が過去に公共料金を支払わず、ガスなどを止められたとツイッターで明かしたことがある。大河ドラマ「いだてん」など、NHKでレギュラーを含む複数の番組に出演していることもあって、受信料の支払い状況も厳しく見られることになった。J-CASTニュースが徳井さん所属の吉本興業に聞くと、「NHK受信料は支払っています」と回答した。

  • 「チュートリアル」の徳井義実さん
    「チュートリアル」の徳井義実さん

「もしかして、払わずに出演していたの?」

   徳井さんは2019年10月26日、納税義務を怠っていたことを謝罪のうえ、活動自粛を発表。吉本興業は、徳井さんが設立した個人会社「チューリップ」の法人税や、徳井さん個人の所得税についてそれぞれ無申告の年があったこと、さらに社会保険料の加入手続きも怠っていたことなどを詳細に説明し、「徳井が速やかに保険の手続きを実施し、社会的責任を果たすまで必要な手続きをフォローしてまいります」との姿勢を示した。

   徳井さんは過去、ツイッターでガス・水道・電気が止まった経験があることも、以下の投稿などで明かしている。

「気付けばまた料金払い忘れてて、ガスが止まっている。今日は水風呂だ」(12年8月23日)
「やってしまった。水道が止まった...」(11年11月8日)
「電気が止まりました。ギガダルス」(10年6月10日)

   こうした投稿は問題発覚後に再注目され、税金の申告漏れだけでなく、公共料金の支払いについてもその「ルーズさ」がやり玉にあがることになった。その中で、ツイッターユーザーの間に浮上した疑問が、NHK受信料の支払いの有無だ。

「徳井、NHKの受信料は払ってたのかな」
「徳井さんはNHK受信料を払っていたのだろうか...。もしかして、払わずに出演していたの?」
「仕事に関係するNHK受信料はしっかり支払っていたということですよね」

   徳井さんは音楽番組「シブヤノオト」、BS1の野球情報バラエティ番組「球辞苑」、さらに大河ドラマ「いだてん」(11月3日からの予定)と、NHKの複数番組に出演している。活動自粛発表直後の26日放送「シブヤノオト」には予定どおり徳井さんの姿があった。番組を持っているだけに、受信料支払いに対する「目」はより厳しくなった。

NHK「出演者に対する受信料制度への理解・支払い促進へ向けた働きかけは日常的に行っています」

   吉本興業の広報担当は28日、J-CASTニュースの取材に、徳井さんについて、

「NHK受信料は支払っています」

と回答した。NHKの番組に出演するようになって支払うようになったというわけでなく、以前から支払っていたとしている。

   一方、NHKに対し、一般的にタレントの番組出演にあたって受信料支払いの有無を確認するか、徳井さんの番組出演にあたって受信料支払いの有無を確認したことはあるか、徳井さんは受信料を支払っているか、について質問状を送ったところ、

「番組の出演者については、番組の趣旨や内容にふさわしいかどうか、で個別に判断しております。出演者に対する受信料制度への理解・支払い促進へ向けた働きかけは日常的に行っています。

なお、放送受信料に関する個別契約についてはお答えしていません」

との回答だった。

   NHKは7月、「放送法や受信規約では、NHKの放送を受信できる設備をお持ちの方は、受信契約を結び、受信料をお支払いいただくことが定められています」として、受信料支払と公共放送の役割に理解を求める声明を発表。8月にも同趣旨の声明を出し、NHK総合のテレビ放送でも複数回説明していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中