2019年 12月 7日 (土)

巨人、「13億円」の使い道 坂本らに還元?あるいは、さらなる大物獲得か...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本野球機構(NPB)は2019年12月2日、保留者名簿から外れた自由契約選手133人を発表した。

   巨人ではアレックス・ゲレーロ外野手(33)、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(28)をはじめとする7人の外国人選手を含む10人が自由契約となった。巨人はすでにナショナルズからFAとなったヘラルド・パーラ外野手(32)の獲得を発表しており、今後も外国人選手の補強を目指していく。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

昨オフは40億円超の大型補強も

   巨人を自由契約となった7人の外国人選手のうち、5人が1億円プレイヤーだ。最高額はゲレーロの年俸4億円(金額は推定)で、ビヤヌエバ、ライアン・クック(32)、テイラー・ヤングマン(29)、そして今シーズン限りで引退したスコット・マシソン(35)ら1億円プレイヤーがズラリ。1億円には届かないものの森福允彦(33)の年俸は8400万円(金額は推定)で、自由契約となった10選手の年俸総額は13億円を超える。

   今オフ、巨人はFA戦線で2連敗し補強することが出来なかった。当初、美馬学投手(33)、鈴木大地内野手(30)の獲得を目指していたが、美馬はロッテへ、鈴木は楽天を選択。FAで補強出来なかった分、新外国人選手で補強する方針で、外国人選手の獲得枠を3人から4人に拡大する見通しだ。

   昨年はFAで丸佳浩(30)と炭谷銀仁朗(32)を獲得した。丸は5年総額25億円超、炭谷は3年契約の年俸1億5000万円(金額はいずれも推定)。さらに岩隈久志(38)、中島宏之(37)らベテランを補強し、外国人選手を含め40億円を超える大型補強を敢行した。今オフはFA補強費に加え、自由契約で放出した選手の総年俸13億円超が浮くことになる。

坂本の年俸7億円の可能性は...

   巨人はすでにパーラの獲得を発表しているが、投手陣の補強としてホワイトソックスのチアゴ・ビエイラ投手(26)の獲得調査を進めている模様だ。MAX167キロを誇る剛腕で、MLB通算23試合2勝1敗1セーブをマーク。ブルペン強化の一環として獲得を目指しており、今後はさらなる大物助っ人に「余剰金」を充てる可能性もあり、巨人の動向に注目される。

   懐に余裕が出来たことで、坂本勇人(30)の年俸大幅アップがすんなりと決まりそうだ。今シーズンの坂本の年俸は、昨年から1億5000万円アップの5億円(金額は推定)。主将としてチームを5年ぶりのリーグ優勝に導いたリーダーシップ、リーグMVPのタイトルなどを考慮すれば、昨年のアップ率を上回り一気に7億円超えも夢ではない。

   今オフの巨人の補強は、人数、金額ともに昨年を下回るものになりそうだが、若手のチャンスが広がるためG党から歓迎ムードが漂っている。「余剰金」が選手の年俸に還元されればなおさらだろう。昨年の大型補強から一転、控えめな補強となっている巨人の今後に注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中