2020年 7月 9日 (木)

松本人志、紳助さんにラブコール 「僕と一緒にやってほしい。YouTubeじゃなくても...」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ダウンタウンの松本人志さんが、2020年1月19日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、11年8月に芸能界を引退した島田紳助さんに共演の「ラブコール」を送った。

   きっかけは、タレントのmisonoさんのYouTubeに紳助さんが登場したことだった。紳助さんは「クイズ!ヘキサゴン」(フジテレビ系)で司会やプロデュースを行った経緯もあり、同番組から巣立ったmisonoさんが自身の「YouTubeに出てほしい」と依頼したことに端を発する。

  • 島田紳助さんについて語った松本人志(2016年撮影)
    島田紳助さんについて語った松本人志(2016年撮影)
  • 島田紳助さんについて語った松本人志(2016年撮影)

松ちゃん「8年半前、深夜にメールをいただいて」

   ワイドナショーでの発言によると、松本さんは2011年8月の紳助さん引退以来、連絡も取っていないそうだ。8年半ぶりに「動く」紳助さんを見たという松本さんは、

「(misonoさんが投稿したYouTubeについて)僕は見ていないんですよ。紳助さんのトークだけなら見たいですけど、misonoがうるさいやろうなって思って」

と、笑いながら先輩と後輩に気を遣った。

   お笑い界のトップを走り続ける松本さんは、紳助さんを「兄さん」と慕う。松本さんの著書『遺書』(朝日新聞社、1994年)の中にも、紳助さんを評して「こんな天才はいない」という主旨の文章を綴っている。実際、「松本紳助」「松紳」(日本テレビ系、2000年~2006年放送)でも共演し、息の合ったトークを披露していた。

   反社会的勢力とのつながりが明るみになり、紳助さんが芸能界を引退したのは2011年8月のことだった。松本さんは同番組内で、

「(8年半前の)深夜にメール、いただいて。『オレ、辞めることにしたわ』って。殴られたような衝撃だった」

と当時を振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中