2020年 8月 10日 (月)

あばれる君、第7世代台頭で「渡米」検討中!? 笑い取るより「資格取る!」

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   お笑いタレントのあばれる君が2020年2月27日深夜、テレビ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に出演し、自身の立ち位置や仕事に危機感を抱いていると告白した。

  • あばれる君のツイッターより
    あばれる君のツイッターより
  • あばれる君のツイッターより

6.5世代芸人たちの嘆き節

   今回「僕たちビミョーな6.5世代」という名の企画で登場したのは、ジャングルポケット、かまいたち、さらば青春の光の森田哲矢さん、そしてあばれるくんなど「お笑い第6.5世代」と呼ばれている一同。

   近日テレビやラジオなどで「お笑い第7世代」というワードをよく耳にするが、こちらは霜降り明星、EXIT、四千頭身などの若手売れっ子芸人らを指す言葉であり、今回集められたのは、それよりも一つ前の世代とされる面々だ。

   彼らは放送内にて、「第7世代」ブームの中で自身が感じている危機と苦悩を告白。若手たちはSNSの運用が上手いが、自分たちは一緒に写真を撮ってもらえない、共演番組のCMでは彼らばかりが取り上げられる...といった悲しい現実を明かしている。

   そんな中、あばれる君は「第7世代が笑いを取るんだったら、こっちは資格を取ろうと思って...」と現在様々な勉強を行っているそうだ。世界遺産検定の3級に合格した上、「第7世代が日本にいるなら渡米して頑張ろうかな」という理由で英語の勉強も頑張っているとのこと。

   そこから「笑いを取るなら資格を取る!!」というキャッチフレーズがあっという間に出来上がったあばれる君はMCの陣内智則さんに「ユーキャンのCM来るで!」と励まされる。

   しかし、ミニコントを英語で披露した瞬間、スタジオは静寂に包まれたため「ちょっ、やめますわ俺...」と意気消沈。再び「笑いを取るなら資格を取る」と決め台詞を言い放ち、「みんなも資格取ろう!」と笑顔を見せた。

   放送後、ツイッターには「私は6・5世代派です」「第七世代も面白いけど、この人らも面白い」などの歓声が集まっており、「自分が見たあばれる君史上で一番笑った」「6.5世代の中ならあばれる君が好き」といった称賛も見受けられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中