2020年 7月 13日 (月)

「ロックダウン」なら鉄道どうなる 欧米の事例と日本の「計画」は?

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   東京都では新型コロナウイルスの感染者が増え続けており、小池百合子都知事が会見で「首都封鎖」「ロックダウン」に言及して以降、首都圏の住民の間では東京が封鎖されるのではないか?という不安が生じている。

   もしロックダウンとなった場合交通機関はどうなるか、既に市民の外出に大幅な制限がかかっている欧米の事例を参考に推察する。

  • 鉄道への影響は?
    鉄道への影響は?
  • 鉄道への影響は?

欧米は減便も「全面停止」に至らず

   結論から言えば、既にロックダウン状態の欧米の都市でも鉄道・バスといった公共交通が全面的に止まっているわけではない。医療・警察・物流・小売などで働く人のために交通の運行は続けている。

   各都市のケースを具体的に見てみると、ニューヨークでは20以上ある地下鉄の運行系統のうち、複数の系統を全面的に運休、その他の路線でも一部区間を運休させていることが多い。これは、ニューヨーク地下鉄では同じ区間に複数の運行系統が走っていることが多いためで、代替ルートもニューヨーク州都市交通局(MTA)のサイトで確認できる。特に急行系統の運休が目立ち、東京でいえば、中央・総武線各駅停車の運転区間を三鷹から高尾まで延長する代わりに快速電車を運休したり、埼京線を池袋以北だけの運転として山手線と並行する区間(池袋~大崎)を運休させたりするような措置である。

   ドイツ・ベルリンでは地下鉄は10分間隔の運転を維持、バスも市中心部の路線は10分間隔で運転されている。ロンドンの地下鉄は一部の駅を封鎖し、かつ10分~20分間隔に本数を減らして都心部の運行を継続している。バスの24時間運行も継続中だ。

   一方、パリではより厳しい減便が行われている。パリ市内を走る地下鉄(メトロ)と鉄道(RER)は各線で運行本数を通常の30~50%に減らし、運行時間も6時~22時と短縮、一部の駅を封鎖している。バスやトラムも同様に減便と運行時間短縮がなされた。

   欧州最多の感染者と死者が出ており、深刻化しているイタリアではミラノの地下鉄と路面電車は運行を継続、ローマでも運行時間の短縮にとどまっており、各国で温度差はあるものの全面停止には至っていない。各都市の交通事業者は不要不急の外出で公共交通を使わないことを呼びかけつつ、公共インフラの維持のために運行を続けている。

   都市交通を停止し、完全に移動手段までも封じたのは最初に感染爆発が起きた中国・武漢くらいである。武漢市では1月23日に市内の都市交通と市外を通じる鉄道・バス・飛行機を全て遮断したが(3月28日に再開)、中国国内でも武漢以外の都市では交通の停止にまでは至っていない(ただし、マスク着用・検温などの制限がある)。

   日本の新幹線のような、長距離の交通機関はどうか。こちらも欧米では減便がありつつもドイツ鉄道(DB)、アメリカのアムトラック、フランスのSNCFは長距離路線の運行を続けている。ただしSNCFでは主要駅を無人化するなど、一部サービスの停止が行われている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中