2020年 10月 23日 (金)

JA全農「ラッシーを...作るのです...」 牛乳消費喚起ツイートが話題

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   農林水産省は新型コロナウイルスの感染拡大による飲食店などの休業で需要が減少する牛乳や乳製品の消費を促す活動「プラスワンプロジェクト」を2020年4月21日から始めた。

   インターネット上では牛乳やヨーグルトの「活用方法」が模索される中で、JA全農(全国農業協同組合連合会)がツイッターに投稿した「ラッシーの作り方」が大きな話題を呼んだ。

  • 「牛乳とヨーグルトでラッシーを」JA全農の提案が話題
    「牛乳とヨーグルトでラッシーを」JA全農の提案が話題
  • 「牛乳とヨーグルトでラッシーを」JA全農の提案が話題

牛乳、ヨーグルト、砂糖で「ラッシー」完成

   農水省は21日にYouTube上で「プラスワンプロジェクト」の紹介動画を公開。乳牛のコスプレをした農水省の職員が、新型コロナウイルスの影響で牛乳・乳製品の需要が減少する中で、「このままでは搾った乳を捨てたり、最悪の場合、牛の数を減らさなくてはなりません」と訴え、牛乳やヨーグルトを普段より「もう1本」多く購入することを消費者に呼びかけた。

   動画はニュースサイトやテレビ番組で取り上げられるなど反響を呼び、ツイッター上では多めに買った牛乳やヨーグルトの活用方法が議論になった。

   そんな中、JA全農広報部のツイッターアカウント「日本の食を味わう」は、22日14時頃にツイートを投稿した。

「(......きこえますか...みなさん... 全農です... 今... お買い物をしている...あなたの...心に...直接... 呼びかけています...牛乳と...ヨーグルトを...追加で...買うのです...その2つと...お砂糖を混ぜて...ラッシーを...作るのです...おいしくて...大量に飲めます...単独でだけ...味わっている...場合では...ありません...)」

   と、牛乳、ヨーグルト、砂糖を使ってインドの飲み物「ラッシー」を作ろうと提案する内容だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中