2021年 5月 14日 (金)

「若者のクルマ離れ」が終わる!? 幼児・小学生への調査で浮かんだ「熱い視線」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

スポーツモデルの積極投入との関係は?

   若者のクルマ離れで「スポーツカー冬の時代」といわれたが、トヨタはじめホンダ、マツダ、スバル、ダイハツなどは少量生産ながらも、趣味性の高いスポーツモデルを積極的に投入してきた。これらのスポーツモデルにミニバンのような実用性はない。しかし、ユーザーの「走り」への期待や「所有する喜び」を満たす商品であることは間違いない。そうした空気感が子供たちにも伝わり、「将来、買いたい」という思いにつながったとも考えられそうだ。

   第一生命が同時に行った「大人になったらなりたいもの」の調査(2019年)では、男の子は「電車・バス・車の運転士」が4位となり、前年の10位から浮上した。やはりクルマの人気復活の兆しかもしれない(ちなみに、男の子のトップスリーはサッカー選手、野球選手、警察官・刑事。女の子は食べ物屋さん、保育園・幼稚園の先生、看護師)。

   両調査は20年4月30日に発表された。 「買いたいもの」調査は2月にインターネットで実施。「なりたいもの」は19年7~9月、夏休み子どもミニ作文コンクールの応募用紙に回答欄を設けて行った。いずれも対象は全国の保育園・幼稚園の未就学児と小学校1~6年生、サンプル数は各1000人。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中