2020年 12月 5日 (土)

都知事選候補「他に誰がいます?」 れいわ山本太郎代表が出馬表明 

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   れいわ新選組の山本太郎代表は、2020年6月15日に参議院議員会館内で記者会見を開き、7月5日投開票の東京都知事選に同党公認で立候補する意向を示した。

   山本氏は「東京オリンピック・パラリンピックの中止」や新型コロナウイルスで困窮する都民に向けた総額15兆円の経済政策の実現を掲げた。

  • 怒気混じりに立候補理由を語るれいわ新選組・山本太郎代表
    怒気混じりに立候補理由を語るれいわ新選組・山本太郎代表
  • 「東京五輪中止」のスライドを説明する山本氏
    「東京五輪中止」のスライドを説明する山本氏
  • 怒気混じりに立候補理由を語るれいわ新選組・山本太郎代表
  • 「東京五輪中止」のスライドを説明する山本氏

「『餓死寸前』の人たちが街のいたるところで目につくって...」

   山本氏は自身の都知事選出馬の可能性について、13日に文化放送のラジオ番組「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB」で「フィフティーフィフティーだ」と発言していた。その動向に注目が集まる中、15日に参議院議員会館の面談室で行われた会見には記者が殺到し、報道陣による「密」な状態が形成された。

   会見の冒頭で山本氏は「端的に言いますと、東京都知事選に立候補します」と立候補を宣言。インターネット上ではれいわ所属で重度障害者の木村英子参院議員が出馬するのではないかという噂が出回っていたこともあり、記者から「それは山本太郎さんが、ですね」と問われると、山本氏は「他に誰がいます?」と自身の立候補であることを強調した。

   出馬の動機について山本氏は、新型コロナウイルスの影響で都内の生活困窮者が増加していることを理由に挙げ、

「リアルに『餓死寸前』の人たちが街のいたるところで目につくっておかしいでしょ。私は『困っている人たちがいるじゃないか。なんとかしろよ』ってことを(議員)バッジをつけ、何かしらの立場に立って実現するために政界に足を踏み入れた。じゃあそのチャンスはいつきますか。1400万人の東京都民に対して生活を直接底上げできる、餓死する寸前だった人たちに対して、すぐにでも手立てを打てるんだったら、目の前の東京都知事選に出るでしょ」

   と熱っぽく語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中