2020年 10月 1日 (木)

アップリンク社長名で「不適切な言動」謝罪 元従業員らがパワハワ提訴

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   東京や京都で映画館を運営する「アップリンク」の元従業員らがパワハラを受けたとして提訴し、会見を開いたことを受け、同社は浅井隆社長名でサイト上に謝罪文を出した。

   そこで、不適切な言動があったと認めたが、原告側からは対応について不満の声も出ている。同社では、詳細なコメントは今週中に発表すると説明している。

  • アップリンクは、浅井隆社長名で謝罪文を掲載
    アップリンクは、浅井隆社長名で謝罪文を掲載
  • アップリンクは、浅井隆社長名で謝罪文を掲載

日常的な暴言や長時間労働に、「涙が抑えられなくなった」

   「精神疾患者を雇った俺がおかしかった」。2019年1月から10か月ほどいたという元アルバイトは、浅井社長からこう言われたという。容姿のことを言われたり、家庭内の詮索もされたり――原告側が立ち上げたサイトでは、こう訴えている。

   アップリンクは、差別などを取り上げたインディーズ作品を取り上げるミニシアターの運営を手がけ、そのことに憧れて入社しただけに失望も大きかったという。

   訴えたのは、20~30代の元正社員や契約社員、アルバイトで、浅井社長らからパワハラを受けたとして、計760万円の損害賠償支払いを求める訴訟を2020年6月16日に東京地裁に起こした。

   原告サイトによると、4年間働いた元正社員は、浅井社長からの相次ぐ暴言で心身に不調を来たした。そして、19年8月、正社員から有期雇用契約に正当な理由なく変更すると告げられ、「条件を飲めないなら辞めてもらうしかない」と言われて退職に追い込まれた。また、18年2月から2年間働いた別の元正社員は、夏休みや年末年始の休みが消え、終電で帰ったり、仕事を家に持ち帰ったりしたが、残業代は支払われなかったという。相談した浅井社長からは、「議論する余地はない。会社に残るか去るか」と言われたといい、「次第に通勤の途中で足がすくみ電車を降りる事が増え、業務時間中に涙が抑えられなくなることもありました」と告白した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中