2020年 11月 27日 (金)

小野泰輔氏「悔いはございません」桜井誠氏「大きな指針を示した」 立花孝志氏は...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京都知事選挙(2020年7月5日投開票)で現職・小池百合子氏の当選が確実になったことを受け、候補者たちが敗戦の弁を述べている。

  • 候補者たちの敗戦の弁とは(イメージ)
    候補者たちの敗戦の弁とは(イメージ)
  • 候補者たちの敗戦の弁とは(イメージ)

「これだけの得票を全くの無名の私が取れた」と小野氏手ごたえ

   元熊本県副知事の小野泰輔氏は自身の事務所で会見し、インターネット上でのライブ配信も行った。「このような結果になりましたけれども、私の中で悔いはございません」と語り、

「私の理想は民主主義をもっともっと前に進めていくこと。都民あるいは国民がですね、自分事として本当に政治と向き合って、どのような政治参加をしていけばよい社会を作れるか、よい東京が作れるのか、子供たちに心より良いものを残せるのか、そういうことを考えるきっかけを作りたかったんです。ですから、これだけの得票を全くの無名の私が取れた、ということ自体が私は自身自身でも驚いてます」

などとコメントしている。

   日本第一党党首の桜井誠氏は、NHKが発表した出口調査で5番手につけた(前回2016年の都知事選は約11万票を獲得し5位)。ユーチューブでライブ配信を行い、

「確かに今回の選挙、敗れはしました。今後の小池百合子さんの活躍を期待したいと思います。しかしながら、今回のこの選挙、ひとつの大きな指針を示したと思います。バーチャル選挙、バーチャル街宣、バーチャル対談。こういったものを通じまして、皆さんもバーチャル、ネットの力を少しでも感じていただけたんじゃないかと。そして次の選挙です。次の選挙でそれを生かしていかなきゃいけないということです」

   と「バーチャル選挙」の効果などについて語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中