2020年 8月 9日 (日)

100万円コースのチケット、ライブ変更で返金7500円 「可哀想すぎる」批判にWACK社長はどう答える?

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   BiSHや「豆柴の大群」といった人気女性アイドルグループを抱える音楽プロダクション「WACK」(東京都渋谷区)が、ライブ最前列の確約などをうたったプラチナムコースを100万円で販売したところ、ライブが変更になって一般と同じ7500円を払い戻すことになった。

   このことについて、ツイッター上では、100万円を支払った人がかわいそうではないかとの声も出ている。7500円しか払い戻さないことは当初から明記してあったが、WACKの渡辺淳之介社長にその後の対処などを聞いた。

  • クラウドファンディングで100万円のコースを販売していた
    クラウドファンディングで100万円のコースを販売していた
  • クラウドファンディングで100万円のコースを販売していた

ショックではないかとの声が

   BiSHや豆柴の大群など2020年2~3月に行う予定だったツアー6公演は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて相次いで中止された。これに対し、WACKでは、リベンジのライブを行うことを決め、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」上で4月10日、その資金集めを始め、リターンとして、プラチナムコースなどを用意した。

   このコースでは、横浜市内で8月1日に行う予定だったライブの最前列席チケットを確約したほか、アイドルらの特典会に優先的に入れる1年有効のプラチナカード配布、渡辺社長とのランチ会参加などをうたった。100万円という高額コースのためか、35人の枠に対し、購入したのは6人だった。それでも、クラウドファンディングには、5000人以上から目標の10倍もの5000万円強が集まり、リベンジプロジェクトが動き出すことになった。

   ところが、その後も感染拡大は続き、7月28日になって、8月1日のライブは、無観客有料配信に変更されることが公式サイトで発表された。クラウドファンディングでは、ライブが中止になっても、プラチナムコースの購入者には一般と同じ7500円しか払い戻さないと明記していたが、ツイッター上では、100万円を支払った人にはショックではないかと投稿があり、1万件以上もリツイートされる騒ぎになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中