2020年 10月 26日 (月)

逮捕の周庭氏が訴えていた 「日本の皆さん」に「わかってほしい」こと

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   香港の民主活動家・周庭(アグネス・チョウ)氏の逮捕を受け、日本のツイッターではハッシュタグ「周庭氏の逮捕に抗議する」「FreeAgnes」をつけて、逮捕に反発するツイートが相次いでいる。

   一方、周庭氏が2020年6月30日の香港国家安全維持法(国安法)成立前にツイッターで語っていた「日本への思い」にも注目が集まっている。

  • 周庭氏が語っていた「日本への思い」(画像は周庭氏23歳誕生日の投稿、一部加工)
    周庭氏が語っていた「日本への思い」(画像は周庭氏23歳誕生日の投稿、一部加工)
  • 周庭氏が語っていた「日本への思い」(画像は周庭氏23歳誕生日の投稿、一部加工)

乙武氏「私たちにできることは抗議の声を上げること」

   周庭氏は2014年、学生ながら香港反政府デモ「雨傘運動」のスポークスパーソンとして活動。19年6月には逃亡犯条例改正案に反対するデモにも参加し、「民主の女神」と呼ばれた。日本メディアの取材に対し、流暢な日本語で答える姿でも知られていた。

   しかし、20年6月30日に香港で国安法が成立。8月10日に周庭氏は国安法違反容疑で香港警察に逮捕された。周庭氏の逮捕を受け、日本でも反発の声が広まり、ツイッター上ではハッシュタグ「周庭氏の逮捕に抗議する」「FreeAgnes」をつけて逮捕に抗議するツイートの投稿が相次いだ。

   著名人では、俳優の宍戸開さんが「#周庭氏の逮捕に抗議する」、歌手の畑中葉子さんが「#周庭氏の逮捕に抗議する」「#FreeAgnes」というワードのみをそれぞれ投稿。作家の乙武洋匡氏は10日夜に、ハッシュタグ「FreeAgnes」をつけて以下のようにツイートした。

「いま私たちにできることは抗議の声を上げること。みなさん、ぜひ傍観者となることなく、このニュースと向き合ってください」

   「#FreeAgnes」は11日の朝4時〜8時頃にかけて日本のツイッタートレンド1位を独占。その後は朝9時頃から「#周庭氏の逮捕に抗議する」がトレンド入りし、11時頃からは「#FreeAgnes」に代わりトレンド上位に位置している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中