2020年 12月 1日 (火)

まるで映画のセット... 人々の姿が消えた「関西空港」の今をレポートする

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   新型コロナウイルスの影響により、昨年まで当たり前だったことが当たり前ではなくなっている。

   そのような変化を最もリアルに体験できるのは国際空港のターミナルではないかと考えた。今回は関西の玄関口にあたる関西空港の第1ターミナル訪問記をレポートする。

  • 閑散とした関西空港第1ターミナル4階
    閑散とした関西空港第1ターミナル4階
  • 閑散とした関西空港第1ターミナル4階

異様な光景に思わず息を飲む

   2020年8月第一日曜日、午後に国際線が乗り入れる関西空港第1ターミナルを訪れた。普段はJR西宮駅前から空港バスに乗車するが、現在はJR西宮発9時57分の次は19時27分までない。仕方がないので、JR三ノ宮駅前にあるバス停から乗る。こちらも日中の運転間隔は20分間隔から40分間隔に減便されており、係員に聞くと「深夜便がある時間帯はスーツケースをもった乗客は見かけるが後はガラガラ」とのこと。車内は5人程度で昨年とは大違いだ。

   筆者はバスを降り、国際線チェックインカウンターがある第1ターミナル4階に入った。検温を済ませ目に飛び込んできたのは照明が落とされた無人のカウンター。あまりに異様な光景に思わず息を飲んだ。

   モニターを見ると、ほとんどの便が「欠航」となっている。唯一、エールフランス(KLMオランダ航空のコードシェア便)23時40分発パリ行きのみ「搭乗手続開始20:40」という文字が灯っていた。

   歩き回っても、ほとんどの店舗やカウンターがシャッターを降ろしている。その中でも外貨両替コーナーもシャッターを降ろしていることには驚いた。ちなみに国際線出国エリアと1階に営業中の外貨両替コーナーと外貨自動両替機があるので、関西空港から海外へ行かれる方はご安心を。

7月に運用を開始した保安検査場前にある自動化ゲート
7月に運用を開始した保安検査場前にある自動化ゲート

   一方、新しい設備も見かけた。それが7月に保安検査場前にある国際線出発口で運用を開始した自動化ゲートである。従来は搭乗券を検査員に渡す手間があったが、導入された自動化ゲートでは出発客自らが搭乗券をスキャンしてゲートを通過する。残念ながら私が訪れたときは自動化ゲートを通る出発客はいなかった。

3階のレストラン・ショップフロア
3階のレストラン・ショップフロア

   3階のレストラン・ショップフロアにも降りてみた。多くの店舗が臨時休業に入り、人の気配を感じられない通路も。まるでSF映画のセットに使えそうな雰囲気だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中