2020年 9月 20日 (日)

「菅首相」初会見、質問はNHK・西日本・日経・ニコニコ・京都 フリー・海外メディアは当たらず

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   菅内閣が発足した2020年9月16日夜、菅義偉首相が初めて首相としての記者会見に臨んだ。

   首相官邸の会見室で行われる記者会見は、安倍政権の末期では約1時間にわたって開かれ、記者との質疑応答も30分以上行われていたが、今回の会見時間は約30分で、外国メディアやフリーランスの記者は指名されなかった。この30分という会見時間は、12年12月に安倍晋三前首相が、首相就任直後に開いた会見と同じ水準だ。

  • 首相として初めての記者会見に臨んだ菅義偉氏。
    首相として初めての記者会見に臨んだ菅義偉氏。
  • 菅義偉首相の記者会見で質問したのは5人だった
    菅義偉首相の記者会見で質問したのは5人だった
  • 首相として初めての記者会見に臨んだ菅義偉氏。
  • 菅義偉首相の記者会見で質問したのは5人だった

プロンプターなしで15分間の冒頭発言

   菅氏の会見は21時過ぎにスタート。安倍氏が多くの会見で使用していたプロンプターは使わず、時折手元に目を落としながら新型コロナウイルス対策や地方創生、少子化対策、などに言及、「国民のためになる、ために働く内閣をつくる」などと15分間にわたって話した。

   直後に司会者が「この後、閣議が控えておりますので、21時30分めどで終了とさせていただきます」と宣言。首相会見では最初の2問を幹事社が担当するのが慣例で、幹事社のNHK、西日本新聞に続いて、日経新聞、ニコニコ動画、京都新聞の計5社が質問した。

   菅氏は質問に答える中で、安倍氏の後援会関係者が多数招待されたことが問題になっていた首相主催の「桜を見る会」について、21年以降は中止する意向を表明した。これを踏まえて「安倍総理だったり、どなたかに御相談をされたのかどうか」と確認するもあったが、菅氏は中止を決めた経緯についてのみ答えようとした。記者が改めて

「安倍総理には、前総理には、お話は」

と確認し、菅氏が

「(前)総理も、従前から予算要求については否定的だった」

と答える場面もあった。補足の質問には対応した形だが、外国メディアやフリーランスは指名されることなく、会見は司会者の宣言通り30分ほどで終了した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中