2020年 12月 3日 (木)

斎藤佑樹「戦力外」なら獲得する球団 来る「プロ11年目」の所属先は?

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

あるスポーツ紙デスクの見方は...

   大手のスポーツ紙デスクは「イースタンの登板試合を見る限り、今のままではどの球団も厳しいでしょう。投手陣の層が薄く、最下位に低迷するヤクルトも獲得を検討すると思えない。独立リーグの球団ならプレーできる可能性は十分にありますが、本人にその気があるかどうか。NPBとは給料も待遇も全く違うシビアな環境からはい上がる性格ではないと思います。それならスパッと野球を辞めて違う道を歩むのではないでしょうか」。

   秋風が吹く時期になると、ファーム暮らしが長い選手たちは自分の置かれた立場を感じ取り、戦力外通告を受けることを覚悟している。斎藤は最近の数年もこの時期に進退を騒がれていたが、球団の期待もあり残ってきた。来年に日本ハムのユニフォームを着られなかったら――その決断が注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中