2020年 11月 25日 (水)

井上尚弥VSモロニーの展開予想は? 専門家「モロニーは最後まで立っていれば実質勝利」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=の防衛戦が2020年10月31日(日本時間11月1日、以下現地時間)に米ラスベガスで行われる。挑戦者ジェイソン・モロニー(29)=オーストラリア=を迎えての防衛戦で、井上にとって今年の初戦となる。世界の「モンスター」が本場ラスベガスでどのようなパフォーマンスをみせるのか。J-CASTニュース編集部は、協栄ジムの金平桂一郎会長(54)に分析してもらった。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

「いつもよりいい意味で気合が入っている」

   王者・井上はタイトル戦に向けて国内で実戦練習を重ね10月18日にラスベガス入りした。一方のモロニーは10月2日にラスベガス入りしており、双子の弟アンドリューら5人のスパーリングパートナーを相手に調整を行っている。

「今回はラスベガスですし、1年ぶりの防衛戦で注目度も高い。井上選手にはノックアウトの圧勝が期待される。スポーツ紙などの報道で井上選手の発言をみると、いつもよりいい意味で気合が入っているし、その一方で大きなプレッシャーがかかっているようにも見えます」(金平氏)

   井上が防衛戦を予定しているラスベガスでは、10月17日に番狂わせが起こった。世界ライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)に0-3の判定負け。1人のジャッジは10ポイント差でロペスを支持し、この採点は米国内で物議をかもしている。この絶対王者の敗戦は、井上にどのような影響を及ぼすのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中