2021年 1月 17日 (日)

倉敷の大原美術館がクラファン開始 コロナ禍で「90年の歴史で一番厳しい状況」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

すでに80万円近い寄付も

   10月26日18時時点で、すでに80万円近い寄付が集まっている。寄付者からは「いつかまた倉敷に行き名画を鑑賞できる日を楽しみにしています」「今後も変わることなく、今までと同じ素敵な佇まいで、一般公開され続ける大原美術館でありますように!」などのコメントが寄せられている。

   こうした声に、柳沢さんは「これまで、『顔が見える方』からの寄付というのは美術館の貴重な財源となってきた。今回のクラウドファンディングでは、わたしたちが知らないところで美術館を愛してくれている方からも予想以上の応援をいただいている。本当にありがたいです」と語る。この日は休館日だったが、多くの職員がこうしたコメントを目にして「力をもらった」という。

   寄付金額は3000円からで、1万円以上のコースには家にいながら大原美術館の展示を「VR」(仮想現実)体験できるものもある。寄付期間は12月25日まで。柳沢さんは「ぜひ、大原美術館を支えてください」と寄付を呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中