2020年 11月 25日 (水)

元SMAP森且行は「根性でトップに」 SG初制覇の要因、業界紙デスクに聞いた

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   元SMAPでオートレーサーの森且行さん(46)が、デビューから24年目を迎えて悲願の日本一を達成したことに、ネット上で驚きの声が上がっている。

   本人も体力の衰えを漏らす中、勝因は一体何だったのだろうか。オートレースの専門家に話を聞いた。

  • 悲願の日本一に輝いた森且行さん(オートレースの公式サイトから)
    悲願の日本一に輝いた森且行さん(オートレースの公式サイトから)
  • 悲願の日本一に輝いた森且行さん(オートレースの公式サイトから)

トップと2番手が落車し、3番手の森さんが逃げ切る

「今年一番感動しました!おめでとう!」「この年齢で夢を叶えるって本当に素晴らしい」「SMAPのメンバーとの約束を守ってくれてありがとう」...

   森さんの快挙がネットニュースで報じられると、コメント欄などでは、こんな祝福の声が相次いだ。他の元SMAPメンバーからも、お祝いメッセージが届き、「再結成に期待しますね」「6人のSMAP見たいなぁー」などと漏らす向きもあった。

   森さんは、2020年11月3日に埼玉県川口市内で行われたSG(スーパーグレード)の1つ日本選手権オートレースの決勝戦で初優勝を果たし、元メンバーらに誓った日本一ついて、「約束をやっと守ることができました」と涙声で喜びを語った。1997年にオートレースにデビューしており、24年目で念願を果たしたことになる。

   この日のレースでは、人気を集めたトップの鈴木圭一郎選手(25)と2番手につけた荒尾聡選手(39)が6周目で接触して落車し、3番手にいた森さんが、残り4周でトップをキープして栄冠に輝いた。

   スポーツ紙各紙によると、森さんのSG初制覇は最年長(46歳)かつ最長(24年目)の記録だった。これで、戦績は、通算676勝目となり、オートレースでの優勝回数は通算32回を数える。

   森さんが目標達成までここまで時間がかかった理由について、オートニュースを出しているスポーツニュース社のデスク溝口裕啓さん(58)は4日、J-CASTニュースの取材にこう話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中