2021年 12月 6日 (月)

ANA HDが抱く「スーパーアプリ化」の野望 マイル&カードの売り上げ「5年で倍増を」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「いよいよ本気で顧客情報を活用したビジネスを立ち上げる良いタイミング」

   ただ、今後提供するプラットフォームで具体的にどんなサービスを提供するかは、現時点では明らかではない。「スーパーアプリ」の内容を問われた片野坂氏は、

「実は我々が持っている顧客情報というのは、マイレージ会員、カード会員の、お名前、住所、昔加入したときのタイトル(肩書き)、パスポート番号、あと航空券のご利用実績ぐらい、この程度だ。しかし、決済の観点に持ってくると、何を購入されているか、ご家族は...奥様の趣味は何かとか、ファミリー旅行はいつかとか...。こういった顧客情報を活用して、我々はグループ会社に保険もあるし、ANA Xも少し銀行業を始めたとなると、いよいよ本気で顧客情報を活用したビジネスを立ち上げる良いタイミングが来た」

と話した。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中