2021年 5月 8日 (土)

ツイッターの「嫌いボタン」導入で、なにが起きる? 心理学的に分析する「炎上のリスク」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

炎上の可能性が低くなる「ボタン」はあるのか

   ただ、これらの状況から鈴木氏は、直感的な人が「嫌いボタン」を押し、その一方で、理論的な人が反論のリプライを行うという状況が相乗効果をもたらし、これまでよりも炎上が発生する可能性が上がる可能性を指摘した。

「前述の通り、直感的な人と理論的な人の行動パターンが異なるとはいえ、理論的な人が『嫌いボタン』がたくさん押されているのを見て、いつもよりも『反論リプライ』をしたくなったり、またはその逆で、直感的な人が『反論リプライ』を見てしまったがために、いつもよりも『嫌いボタン』を押したくなる、という状況が発生すると考えられます。双方が双方の推進力となり得るので、やはり、『嫌いボタン』が導入された場合、炎上の可能性はそれ以前よりも高まるでしょう」

   最後に、「このようなボタンを導入すれば、現在よりも炎上の可能性が低くなる」といったボタンはありうるかとの問いに対し、鈴木氏は機知に富んだ回答を行った。

「『仕事で疲れたー!』といった『いいね!』を押しづらいツイートに対して、労いの感情を表すことが出来るよう、『お疲れ様ボタン』を実装してみてはどうでしょうか?」

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中