2021年 4月 14日 (水)

「草津温泉」町議リコールの影響は... 草津町観光課が明かした「現状」と「誤解」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「排除目的というのは誤解で、虚言に説明がないためのリコール」

   町選管サイトで公開している「解職請求書」によると、女性町議は、2019年11月に発行された電子書籍で、町長と4年前に肉体関係を持ったと告白し、町では女性がモノ扱いされ、有力者の愛人になれば優遇されると町の女性を貶める発言をした。また、証拠隠滅のため町長室を模様替えしたと事実無根の発言を続け、客観的な証拠がなく議会で矛盾を指摘されても、裁判中を理由に説明しようとしないとした。さらに、議会の調査で、住居に賃貸契約がないことが分かり、議会でも答えずに逃げているとしている。

   これに対し、町議は「弁明書」で、町の女性を貶めているとの指摘には、女性など弱い立場の人を助ける活動の具体例をいくつか示して反論した。町長は、裁判を有利に進めたいから議会で騒いでいると主張し、住居については、現所有者の家族である前の所有者の同意を得ているとし、議会には体調不良の診断書を出すなど逃げていないと説明した。そのうえで、権力者主導ではリコールの理念から外れていると批判している。

   リコールについて、町の観光課では、「町議を排除する目的というのは誤解で、虚言だと指摘されていることについて、説明がないことが原因です」と取材に説明した。

   草津温泉観光協会でも12月7日昼過ぎ、草津には行きたくなくなったという女性からの電話が1本あっただけだとし、「騒いでいる人たちは、表面的なことしか知らないのだと思います。時が経てば、こうした声はなくなっていくでしょう」と取材に話した。

   リコール側のポスターばかりが公共の場所で目立つことについては、町の選管では、こう説明した。

「公選法上は制限されず、施設の管理者がそれぞれ判断することだと思います。しかし、選管からは、両論併記をお願いしており、ポスターを貼りたいと言えば両方とも貼れると思います」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中