2021年 5月 14日 (金)

井岡一翔「ザ・リング」PFPランキング入り 井上尚弥に続き日本人同時ランクイン

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   米国の権威あるボクシング専門誌「ザ・リング」は2021年1月5日までに最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングを更新し、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)が10位にランクインした。井岡は20年12月31日に世界3階級制覇の田中恒成(畑中)を8回TKOで下し2度目の防衛に成功した。

   井岡が世界的に権威のあるボクシング専門誌のPFPランキングの10位にランクインした。昨年大みそかの田中戦が評価されたとみられ、ランク外からのランクインとなった。複数階級制覇同士の一戦は世界的に注目を集め、井岡のTKO勝利は海外の専門メディアで高い評価を受けていた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

井上尚弥は2位で変わらず

   「ザ・リング」の最新PFPランキングでは、WBA世界スーパーミドル級スーパー王者サウル・アルバレス(メキシコ)が1位に君臨。日本が誇る「モンスター」井上尚弥(大橋)が2位の座を堅持し、3位にはWBO世界ウエルター級王者テレンス・クロフォード(米国)がランクされている。

    井岡がベルトを保持するスーパーフライ級では、WBC世界スーパーフライ級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が8位にランクされており、井岡はエストラーダに次ぐ位置につけた。かつてPFP1位に君臨していたWBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)を抑えてのランクインとなった。

   昨年大みそかに2度目の防衛を果たした井岡は、王座統一戦を目指している。今年3月にエストラーダとゴンサレスによる王座統一戦が行われる予定で、井岡はその勝者と対戦を望んでいる。「ザ・リング」のPFPランキングに入ったことで、本格的な海外進出も夢ではなくなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中