2021年 8月 1日 (日)

ホリエモンに昭恵夫人も絶賛する『えんとつ町のプペル』 そんなに面白いの?J-CAST記者がプペって検証

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   映画『えんとつ町のプぺル』が面白い、らしい――。

   2020年12月25日に公開されると、各界の著名人たちが作品を絶賛。インターネット上では、10回同じ作品を見るという意味で「10プぺしてきた」という声も聞かれた。

   その人気・評判は果たして本物なのだろうか。J-CAST記者が実際に映画館を訪れ、「プぺル熱」を確かめてきた。

  • 映画「プペル」は本当に面白いのか
    映画「プペル」は本当に面白いのか
  • 映画「プペル」は本当に面白いのか

ホリエモン「4回泣きました」

「主人と『えんとつ町のプペル』を観ました。西野亮廣はやっぱりすごい!是非多くの方に観ていただきたいと思います」(安倍晋三前首相の妻・昭恵氏、20年12月31日のフェイスブックにて)
「5年前、西野と2人でご飯食べてる時に『ウォルト・ディズニーを超えます』と言っていた。(中略)今日えんとつ町のプペルを見終わりエンドロールの西野の名前で泣いた。今ならうまく返せます。超えれるよ西野」(TKO・木下隆行さん、1月10日のツイッターにて)
「4回泣きました」(実業家・堀江貴文氏、1月14日のYouTube動画にて)
「鬼滅も見たしポケモンも見たんですよ。正直、でも僕は一番プペルが面白かった」(オリエンタルラジオ・中田敦彦さん、1月15日のYouTube動画にて)

   「えんとつ町のプぺル」は16年に出版された、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんの絵本をアニメ化した映画作品。外界から遮断された「えんとつ町」に暮らす主人公・ルビッチが「ゴミ人間」のプペルとともに星を探す物語で、キャストには芦田愛菜さん、窪田正孝さんなど豪華俳優陣が名を連ねる。原作者の西野さんは今作の脚本も手掛けている。

   昨年末に映画が公開されると、上記のように著名人たちが作品を絶賛した。魅力にとりつかれた一部ユーザーの間では、作品をリピート鑑賞するという意味で「〇プペしてきた」(〇は数字)という言葉まで誕生した。

   そうしたユーザーの投稿には、仕事前に映画を見る「朝プペ」や、仕事終わりに見る「夜プペ」という表現も見つかる。中には「10プペしてきた」と豪語する人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中