2021年 8月 3日 (火)

TBS「ラヴィット!」に思わぬとばっちり 厚労省宴会で忖度?疑い出るも実際は...

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   厚生労働省の職員23人が、深夜まで東京・銀座で送別会を開いていた問題。2021年3月29日に「東洋経済オンライン」が報じて以降、国民の耳目を集めている。

   東京都内は21時までの時短要請が出ているのはもちろん、自粛を呼び掛けている側の官僚が禁止時間に送別会を開いていたということで、国民からは非難の声が続々と上がっている。

   この問題を受けて、思わぬとばっちりを受けてしまった番組がある。3月29日にスタートしたTBSの朝の新番組「ラヴィット!」だ。

  • 「ラヴィット」のサイトから
    「ラヴィット」のサイトから
  • 「ラヴィット」のサイトから

田村厚労相は職員の宴会を謝罪

   この問題が報じられた後、事態を収集すべく謝罪したのは、組織のトップたる田村憲久厚生労働大臣(56)だ。

   30日午前、田村大臣は記者団に対し、「23人という非常に多い人数で、常識では考えられない」と苦言。さらに、「日頃、生活の制約をお願いしていながら、信用を裏切る形になり、おわびを申し上げる」と謝罪した。

   組織のトップとして部下の尻拭いをする羽目になった田村大臣に対しては、「厚生労働省にバカがいたせいで頭下げまくってる田村大臣に同情するわ...」といった国民からの声がツイッター上に続々と上がる事態となったのだった。

   まさに、完全なる「とばっちり」だが、同日朝にもう1人、「飲み会23人衆」のせいでとばっちりを受けた人物がいた。

   田村大臣の娘、TBSの田村真子アナウンサー(25)だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中