2021年 6月 25日 (金)

TBS小笠原アナ、松山英樹優勝「涙の実況」にファンもらい泣き 「わんわん泣きました」ラジオで語った舞台裏

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米男子ゴルフの海外メジャー、マスターズを生中継したTBSで実況を務めた同局の小笠原亘アナウンサー(49)と、解説を務めたプロゴルファー・中嶋常幸さん(66)と宮里優作さん(40)の様子が2021年4月12日、インターネット上で話題になった。

   マスターズは現地時間8~11日に開催され、日本時間12日朝に松山英樹選手(29)が日本人さらにはアジア人として初の優勝を果たした。実況・解説の3人は松山選手の優勝に感極まり、中継中に涙している様子がうかがえ、ツイッターでは「もらい泣き」がトレンド入りを果たした。

  • マスターズで優勝した松山英樹(写真:AP/アフロ)
    マスターズで優勝した松山英樹(写真:AP/アフロ)
  • マスターズで優勝した松山英樹(写真:AP/アフロ)

「おめでとう......、そしてありがとう」

   観客たちの拍手の中、松山選手が最終ホールを沈め、優勝を決めた瞬間に

「松山英樹、マスターズを勝ちました。ついに日本人が(編注:歴代マスターズ優勝者に贈られる)グリーンジャケットに袖を通します」

と、小笠原アナが鼻声で声を裏返らせた。

「日本人が招待を受けて85年、ついについに、世界の頂点に松山は立ってくれました」

と続けて声を詰まらせながらも実況。

「ついに、アジア人として、途方もない高い壁と思われていたマスターズの壁を松山英樹は乗り越えました。おめでとう......、そしてありがとう」
「中島さん、やってくれました」

と話を振られた中島さんも、

「はい...、すみません。後半苦しかったから、本当に良かった」

と鼻をすすりながら答えた。

「おめでとー」、「いやぁ、でもこういうシーンを見れるというね、本当に幸せだね」

と声を震わせながら、かみしめるように称えた。

   ダイジェストで一度は落ち着きながらも再び感極まったようで、声を震わせながら話していた。

   そんな実況・解説の様子に、ツイッター上では

「朝から実況も解説も泣いてる、もらい泣きの朝でした」
「ゴルフのことなんも知らんのにトレンドの実況の人が感動で泣きながら話してる動画見て泣いてる。仕事がんばろ!」
「TBSの実況さんが泣いてるので如何に松山さん凄いのかわかった」

との声が見られた。

「泣きすぎちゃって本当もう、恥ずかしい」

   小笠原アナは、松山選手優勝直後の12日11時から放送されたTBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」にも出演し、マスターズ実況の舞台裏を語っている

   「小笠原さん、朝からお疲れさまでした」とオープニングで番組ラジオDJのジェーンさんのねぎらいから約8分間、マスターズの話になった。

「僕のゴルフのデビュー実況っていうのは、松山選手がマスターズにいくきっかけとなったアジアアマチュア選手権(編注:アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権)を(岩田禎夫さんと)二人でやって、それで、それ日本でやったんですけど。それのおかげで僕はゴルフ班に加わって、松山選手の2011年のマスターズに連れて行ってもらって、もう一回しゃべったら彼連覇して、それで僕のゴルフ実況人生が始まって......」

とゴルフ評論家の故・岩田禎夫さんとの話の中で松山選手との縁について話した。

   続いて、実況中に泣いてしまったことに、

「泣きすぎちゃって本当もう、恥ずかしいんですけど、あのー中島プロと私はわんわんわんわん泣いていました」

と話した。ジェーンさんに泣かれたことを聞かれた際に「ただね、これすごかったのは」と前置きをし、

「もう3人ともやっぱりね、松山選手優勝して泣きながらもうなんかしゃべっているんですけど、それがむこうのホスト局、アメリカのCBSテレビで『日本のこう、実況人はこんな感じで最後中継したらしい』っていってそれ流したんですってね。これだけ日本にとっては大変なことなんだってニュースが、全米中に流れたみたいですよ」

と恥ずかしそうに話した。

   番組の終わりには、13時からの「赤江珠緒たまむすび」パーソナリティの赤江珠緒アナと、月曜パートナーのお笑いタレント・カンニング竹山さんが登場し、再度小笠原アナをねぎらった。小笠原アナは、

「アナウンサーとしてでも赤江さん、やっぱり泣くのはだめだよね」

と話したが、赤江アナ・竹山さんは

「思いも小笠原さんあるでしょうから」、「自然とわいてくる感情は仕方ない部分あると思います」

とフォローした。

「そういわれてまた泣きそうになってきた」

と小笠原アナが話すと、ジェーンさんからは、

「まだ気持ちが落ち着いていなくて生放送中に全然関係ないところで何回か目が赤くなっていましたよ」

とからかわれていた。番組で最後に読まれたリスナーからのねぎらい、マスターズに関するおたよりに「泣けてきた」と小笠原アナの声が小さく聞こえたところで番組は終了した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中