2021年 5月 7日 (金)

居酒屋店主が女性客にセクハラ、卑猥言動...SNSで繰り返す 運営会社が謝罪・契約解除

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   居酒屋チェーンの男性店主が女性客にSNS上でつきまとい、性的なメッセージや卑猥(ひわい)な画像を送り付けていたとして、運営会社が加盟店オーナー契約を解除していたことが2021年4月26日、分かった。

   被害女性は取材に、店主とのやり取りの一部始終を明かした。

  • ドラムカンパニー公式サイトより
    ドラムカンパニー公式サイトより
  • 実際のツイート
    実際のツイート
  • ドラムカンパニー公式サイトより
  • 実際のツイート

「人間性を疑う」「看板掲げてよくやれるよ」

   女性によれば、被害は東京都江東区にある居酒屋店「ドラム缶」の店主から受けた。全国に二十数店舗を構えるチェーン店の一つだ。

   18年7月に店を訪れてツイッターで報告して以降、店主の個人アカウントからフォローされて頻繁にリプライ(返信)が来るようになった。当初は他愛もない内容だったが、次第に「中出しオッケー」「暑い夏。全開。ぼっきっき」と性的な言葉が混じるようになった。

   女性は「まだ冗談の範囲と捉えて、気持ちが悪いと思いつつも普通に返事を返したり、返さなかったりした」と振り返る。

   その後も、店主の全裸写真が送られてきたり、デートに誘われたりとエスカレートしていき、恐怖を覚えて19年3月に「もう嫌いだから話しかけて来ないで」と伝えてブロックした。

   今度は20年10月に店のアカウントからリプライがあり、店に飾るカレンダーにグラビアモデルとして起用したいとオファーが来た。「店には、18禁のセクシーグラビアのカレンダーが貼ってあるのを知っていたので、恐怖から怒りになった」。

   そして、21年4月に我慢の限界に達し、店のアカウントに怒りを直接ぶつけた。この模様は多くの目に留まり、「人間性を疑う」「看板掲げてよくやれるよ」「過去ツイートとかも色々漁ってみたけどめっちゃ気持ち悪かった」と批判が殺到した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中