2021年 6月 21日 (月)

JALパリ・ロンドン線60周年 コロナ禍で苦境続くも...ワクチンで「お客さまのマインド変わる」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   日本航空(JAL)が自社機でパリ便とロンドン便の運航を始めてから2021年6月6日で丸60年を迎えた。この日、羽田空港からパリ行きのJL45便とロンドン行きのJL43便が続けて出発。出発前にはそれぞれの便で記念式典が行われ、機長が路線への思いを語ったり、就航時の制服に身を包んだ客室乗務員(CA)らが乗客を見送ったりした。

   それぞれの便は244人乗りのボーイング777-300ER型機、195人乗りのボーイング787-9型機で運航されているが、実際に搭乗した乗客は43人と27人。パリ便には、ブラインドサッカーの国際大会に出場したフランス代表団も搭乗した。歴史ある路線も搭乗率20%未満の厳しい状況が続いており、JALではワクチン接種が進めば「お客さまのマインドも変わってくると思う」と期待を寄せている。

  • パリ便とロンドン便を現行制服(写真左。11代目、2020年4月~)と就航時の制服(写真右。3代目、1960年8月~67年3月)を着た客室乗務員らが見送った
    パリ便とロンドン便を現行制服(写真左。11代目、2020年4月~)と就航時の制服(写真右。3代目、1960年8月~67年3月)を着た客室乗務員らが見送った
  • 搭乗客には就航当時の制服を着た客室乗務員(CA)らが記念品を手渡した。
    搭乗客には就航当時の制服を着た客室乗務員(CA)らが記念品を手渡した。
  • 搭乗客にはロゴ入りストラップやキーホルダーなどの記念品が配られた
    搭乗客にはロゴ入りストラップやキーホルダーなどの記念品が配られた
  • ロンドン行きのJL43便はボーイング787-9型機で運航されている
    ロンドン行きのJL43便はボーイング787-9型機で運航されている
  • パリ便とロンドン便を現行制服(写真左。11代目、2020年4月~)と就航時の制服(写真右。3代目、1960年8月~67年3月)を着た客室乗務員らが見送った
  • 搭乗客には就航当時の制服を着た客室乗務員(CA)らが記念品を手渡した。
  • 搭乗客にはロゴ入りストラップやキーホルダーなどの記念品が配られた
  • ロンドン行きのJL43便はボーイング787-9型機で運航されている

DC-8でアンカレジ、コペンハーゲンを経由

   東京とパリやロンドンを結ぶ路線の開設は、フランスや英国の航空会社の方が早かった。ブリティッシュ・エアウェイズの前身にあたる英国海外航空(BOAC)が英国-香港路線を延長する形で1948年3月に岩国(山口県)、同年11月に東京に乗り入れた。エールフランスは52年11月にパリ-東京線を開設。当時はベイルート、カラチ、サイゴン(現・ホーチミン)の3都市を経由していた。

   JALがパリ線に参入したのは60年。アンカレジ、ハンブルクを経由するエールフランス便の座席の一部をJALが販売する「共同運航」という形だ。翌61年の6月6日に、自社の飛行機によるパリ便が開設された。「東京→アンカレジ→コペンハーゲン→ロンドン→パリ→コペンハーゲン→アンカレジ→東京」の「北回りヨーロッパ線」で、DC-8型機で週2便が飛んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中